ホーム > 歯周治療

歯周治療

歯の表面に付着した汚れ(歯垢)をそのままにしておくと、歯のまわりを包み込んでいる歯肉に、炎症が起きてきます。歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシが触れても簡単に出血するようになります。この歯周炎を放置しておくと、炎症はさらに進み、歯をささえている骨(歯槽骨)を少しずつ破壊し、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます。このような症状を示すものを歯周病といいます。



歯の抜ける原因

歯の抜ける原因としては、むし歯と歯周病によるものが大多数を占めますが、近年歯周病によるものが増えています。40歳以上の中高年になると歯周病になる割合が高くなり、それに伴って歯の抜ける割合も非常に高くなります。

歯周病の原因はプラークと呼ばれる物質です。このプラークは最近の塊で、いろいろの種類の細菌が住みついています。この細菌郡は歯ミガキを怠ったり、砂糖を取りすぎたりしますと、異常に繁殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります。
つまようじの先で歯面をこすると、白いにノリ状のものがくっついてきます。それがプラークです。プラークが石灰化した状態が歯石です。歯石そのものには害がありませんが、歯石の表面にプラークがつき易くなるので、歯周病の原因となります。

こんなことも歯周病を進行させます。

歯ぎしりやくいしばり、甘い食べ物、煙草なども歯周病をすすめる原因になります。 
煙草を吸う人と吸わない人とでは、吸う人のほうが、歯周病にかかっている割合が高く、
治る具合もよくない結果が出ています。


小泉歯科医院
〒242-0024 神奈川県大和市福田3-11-5
046-269-6456

Copyright (c) Koizumi Dental Clinic All Rights Reserved.